interview04

IDOMが好きと言える人が
集まっているから楽しい。

女性スタッフ中心のGulliver環七西新井店に配属され、入社4年目で副店長へ。
3ヶ月で個人30台という女性営業では初の販売記録を達成。
翌年、Gulliver八王子めじろ台店の店長へ昇格。
ミニクルを経て、Gulliverアウトレット伊勢崎店の店長を務める。

店長

野原 夏子

2009年入社

Topic04

飲み会にアルバイト…
楽しいことを探して全力で遊んだ毎日。

どんな学生だった?

講義に出ても寝てばかり。アルバイトと遊びに明け暮れ、「何かおもしろいことないかなぁ」が口癖の学生でした。女子大なので飲み会もよくあって、多い時は週2〜3回参加していたかも。アルバイトは、スーパーやアパレルなど接客業が中心。人と話すのが好きだったんです。経営者をはじめ色んな方が来店されて、その人となりを知っていくのが楽しかったですね。

Topic02

営業職を軸に、積極的に説明会に参加。
友人の誘いがきっかけでIDOMに出会った。

IDOMの第一印象や入社の決め手は?

食品メーカーや小売など、大手上場会社の営業職で3社ほど内定をもらっていたのですが、ピンとこなくて…。そんな中、クルマ好きの友人の誘いでIDOMの説明会に参加し、「若手も海外で活躍している」と聞いて興味がわいたんです。リクルーターの熱心さも決め手の一つ。女性営業ならではの強みを具体的に教えてくださり、働くイメージが持てました。何より“会社が好き”なことが伝わってきて、こんな社会人になりたいと思いましたね。

Topic03

どんな仕事も、「誰」と働くかが大事。
手を抜かず人と向き合う大切さを学んだ。

仕事で印象に残っていることは?

店長になり、初めて年上の男性の部下を持った時のこと。なかなか成果が上がらず「辞めたい」と申し出てきた彼に、「目の前のことを一生懸命せずに、逃げているんじゃない」と本音をぶつけました。彼も腹を割って話してくれ、それを機会に営業成績もグンとアップ。結果的に店舗の売上も伸び、 IDOM CUPのミドル級で優勝するまでに。その彼も、今や店長として活躍。手を抜かずに人と向き合う大切さを痛感した出来事でした。

Topic04

ジェントルマンも多く、制度も充実!
女性が心にゆとりを持って働ける職場。

IDOMに入社して意外だったのは?

体育会系のノリなのかと思っていましたが、みんな意外にジェントルマンでした(笑)。出産後の制度も整っていて女性にやさしい職場です。産休・育休後も活躍している方から話を聞ける「さくらプロジェクト」もあったり、私自身、結婚後は主人の勤務先の近くに配属してもらえたり、長く働ける会社だと思います。応援してくれる上司や、一緒に店舗作りを頑張ってくれる部下もいる。IDOMの人が、みんな大好きです!

その他の社員インタビュー